morningsun’s diary

いろんなものを軽くしてます

半端な野菜が宝に見える☆買わない週間レポ 前半

土井善晴さんちの 名もないおかずの手帖 (講談社のお料理BOOK)

以前は、冷蔵庫で野菜を干からびさせてしまうことがよくありました(恥)

今週は食材の買い足しをなるべくしない!と決めたので、

数日間この野菜たちに助けてもらうことになります。

干からびさせるなんてもってのほか!扱いが全く変わり、宝のように見えます。

買ってきてすぐに切り分けます。

新玉ねぎがツルッとむけました。

f:id:Morningsun:20180302134409j:image

冷蔵庫に今ある野菜は、新玉ねぎ、九条ネギ、にんじん、ごぼう2本、りんごです。

土や皮が付いたまま、使う寸前まで保存したほうが新鮮さが保てるものもあるかと思いますが、まだまだ面倒臭がりの私には、まずはパッと料理に取りかかれて、無駄を出さないことが何よりの課題。

週末までの、3、4日なら、と割り切って、野菜によってですが、皮をむいたりカットします。

このひと手間が、前はできなかった!

ですが人間、追い込まれると、やれるもの。実際、野菜ひとつが、切り方や使い方によって、こんなに多彩な献立に使えるとは驚きで、今や野菜をムダにする理由がない!と思います。

 

今週の買い物はこれだけ。

いかにもみずみずしそうな春キャベツ。

牛乳ミニパック。

メークインじゃがいも。

以上です。しめて400円ほどでした。

春菊の茎も刻んでチヂミに。結構好評でした。

f:id:Morningsun:20180302134338j:image

 小麦粉がきれていても気にしない!むしろ美味しかった…。

f:id:Morningsun:20180302134433j:image

あるものを使う、と覚悟を決めたら

頭の中で、あれこれ組み合わせを考えるのが楽しい!

以前の私には考えられないことです。

買わない週間、とても刺激的です。

今日もご訪問ありがとうございました^^

 

土井善晴さんちの 名もないおかずの手帖 (講談社のお料理BOOK)

土井善晴さんちの 名もないおかずの手帖 (講談社のお料理BOOK)