morningsun’s diary

いろんなものを軽くしてます

家族に見栄を張っていたと気づいてから変わったこと。

f:id:Morningsun:20180318155405j:plain

毎日の食事作りについて最近気づいたことがあります。

それは家族に見栄を張っていたのかもということ。

あったもので作ったもの=何だか手抜き、という自分が勝手に作ったイメージに縛られ、毎日、一応名前のつく料理を作らねばと思っていました。

家族の健康を預かる主婦なのだし、時間もあるのだから、ちゃんとした料理くらい作らないと、と思っていたような気がします。

もちろんそれはそれで、良いことなのかもしれませんが、

できる主婦、でない自分は、そのメニューのために毎日あくせく買い物に行き、

その時点で家にある食材は無駄になってしまいがちでした。

ところが、たまたま買い物に行けなかった日などに、家にある半端なものを使って作った献立が、結構好評だったり、お昼はもう雑炊だけだよ〜、という日に「いいねー!」と返って来たりと、あれ?と思うことが度重なり、

もしや家族のニーズは全く違っているのでは?と思うようになりました。

もちろん人気の定番メニューはうれしいけれど、毎日そうでなくても良くて、

かっこはつかないけれど、家庭でしかできないような素朴なメニューも意外に歓迎されるということに気づきました。

そう分かってからは、食材を無駄にしない、ということがとても簡単にできるようになりました!半端に残ったものでも、名前が付かない料理に気にせず入れてしまえばいいのですから。

そうすると、家にあるもので軽く何日もご飯を作れるようになり、

気持ちにも家計にも、ゆとりができてきました。

自分でも気づいていなかったですが、家族にかっこをつけていたのかもしれません。

小さな子供がいる家庭の食卓はこうでなくては、という勝手な思い込みを捨てたら、あるものをできるだけ活かした、無駄のないごはん作りができるようになりました^^

 

今日も読んでいただきありがとうございました。

みそ汁はおかずです

みそ汁はおかずです